自宅にいながら売れる?お酒買取業者で選べる買取方法について

お酒買取業者の買取方法について

お酒買取業者では「店頭買取・出張買取・宅配買取」の3種類の買取方法でお酒の受け入れを行っています。

それぞれどんな違いやメリット・デメリットがあるのでしょうか?まとめてみましたので参考にしてください。

店頭買取

この店頭買取は、顧客が直接お酒をお店に持ち込んで査定・買取してもらう方法です。
そのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・店員の立ち居振る舞いからお店の接客レベルがわかる
・店員と交渉して買い取り価格の交渉ができる
・査定価格に納得できたら即現金が得られる
・お酒を梱包して宅配便にお願いする手間がない

デメリット

・重いお酒を運ぶのはかなり大変(途中で割れても補償はない)
・一気に大量にお酒を売りたいとき店頭買取では対応できない
・移動すると交通費がかかる・車の場合は駐車場代などもかかる
・仕事などで忙しくお店まで行けない方には不向き

店頭買取は数本程度のお酒(持参できる重さ)を店頭に持ち込め、さらに時間に余裕のある方向きの方法です。

もし「すぐに現金が欲しい」と思っているのなら、宅配買取よりも店頭買取の方がおすすめです。

ですが、より高く買い取ってもらえるお店を探すためには「何か所ものお店をあたらなければならない」ため時間と交通費がかかります。

そのため事前に気になる店舗で電話やFAXで査定してもらい、一番高い金額を提示してくれたお店に足を運ぶと効率的です。

ただお酒は1本だけでもかなり重さのあるものなので、女性など力の弱いな方は途中で落とさないように細心の注意を払う必要があります。

電車やバスなど人の多い公共機関を利用する場合は、誤って瓶が割れないように厳重に梱包したほうがいいでしょう。

高額なお酒の場合は、宅配便を使って送る、または出張買取を利用するなどした方が安全です。

出張買取

出張買取は、お酒買取業者の店員が直接自宅や倉庫、店舗などにやってきてその場でお酒を査定、買取を行う方法です。

売主が事前にお酒のリストを作っておき、あらかたの査定額を出しておくと業者側も当日の支払いがスムーズでしょう。

この方法は自宅などに大量のお酒があり店頭買取や宅配買取ができない方、また1本数十万円など高額なお酒を売却したい方に向いています。

メリット

・一度に大量のお酒を売却したいときに便利
・即現金が得られる

デメリット

・出張買取に対応していないエリアがある
・本数や引き取り希望のお酒の状態や銘柄によっては拒否されることもある

出張買取は誰でも利用できるものではなく、売却したいお酒の状態や銘柄によっては業者側から断られることもあります。

いくら100本のお酒があっても、保存状態が悪く賞味期限の切れたビールや日本酒は買い取りしてもらえない可能性が高いです。

「うちは大丈夫かな?」と心配であれば、一度買取業者にお酒のリストをFAXかメールなどで送り相談してみてください。

また出張買取の場合対応していないエリアもあります。
その場合はほかの業者をあたる以外にありません。

宅配買取

宅配便を利用してお酒の買取をお願いする方法です。

売り手が自分で配送の準備を行わなければならないので手間ですが、お店が遠方にある方でも気軽に利用できるのがメリットです。

メリット

・重いお酒を持ち運ぶ手間や時間が必要ない(交通費もいらない)
・梱包材や送料が無料のお店も多く、手軽に使える
・お店が近くになくても気軽に買取してもらえる

デメリット

・すぐに現金がもらえない(後日銀行振り込みが一般的)
・自分で梱包するのが面倒くさい・業者を呼ぶ手間がかかる
・本査定に納得できないときはお酒を返却してもらう手間がかかる

宅配買取は店舗が近くにない地方の方、そして限られた量のお酒を売却したい方に向いた方法です。

複数の業者に査定してもらい一番高い値段をつけてくれた業者を選んで売却できます。

重量感のあるお酒を店頭まで持ち運ぶ「手間や時間」「体力」がいらないため、女性や高齢の方にもおすすめですね。
また高額商品の買取にも適しています。

本査定後に銀行振り込みの流れで買い取りするため、すぐに現金が得られないのは仕方ありません。

またこの方法だと「買取価格の交渉」もしにくいので、もし店員と直接交渉したい方は店頭買取を選ぶのがベストです。

まとめ

  • 酒買取の方法は「店頭買取・出張買取・宅配買取」の3種類がある
  • 店頭買取はお店が近くにある方、即現金が欲しい方、売却するお酒が少ない方向きの買取方法
  • 出張買取は売却したいお酒が多く、即現金が欲しい方向きの買取方法
  • 宅配買取はお店が遠く直接店舗に出向けない方、高額商品を売却したい方、重いお酒を持って移動しにくい方に向き