どこの業者を選べばいいかわからない…お酒買取業者を徹底比較!

お酒買取業者を業者別に比較

お酒の買取業者は都内でも複数あり、どの業者を選べばいいのかわかりにくいのがデメリットです。

そこで有名店や評判の良いお店だけをまとめ、それぞれの業者の特徴を比較しました。

これからお酒の買取をお願いしたい方はぜひ参考にしてください。

ファイブニーズ

画像引用:https://www.sakekaitori.com/

良い点

・査定は専門スタッフ対応で回答が早い
・高額買取が可能な独自販売網を展開
・大口一括買取ができる

悪い点

・特になし

ファイブニーズで実際に電話査定してもらったことがありますが、窓口のスタッフは買い取り専門でお酒に関する知識が相当あり、査定額の理由やそのお酒の価値などをしっかり丁寧に説明してくれました。

査定金額はPCで管理、共有しているのかもしれませんが、とにかく査定額提示は即座に「その銘柄でしたら査定額は1本500円です」と返事があります。
神業レベルです。

すぐに査定額が知りたい方にはおすすめですよ。

こちらの業者は買い取ったお酒を特定のレストランやホテル、コレクター、お客様への直販など独自ルートで販売。

買い取ったお酒をほかのリサイクルショップや質屋に流すことなく、直接消費者に販売するので中間マージンがあまりかからないのがメリットです。

その分高額買取してもらえるのは売り手としては歓迎すべき点ですね。

大口一括買取にも応じているので、まとめてお酒を販売したい方もぜひ一度相談してみてください。

特に悪い口コミは見当たらなかったのですが、担当者によっては見積の提出が遅れるミスが生じる事が過去にあったようです。

ただ、これはどこの業者でもみられることなので、大きな欠点ではないでしょう。

レッドバッカス

画像引用:http://red-bacchus.com/

良い点

・24時間以内に査定額を通知
・査定料やキャンセル料、送料などは無料

悪い点

・ビールや一般的な日本酒は買い取れない

レッドバッカスは宅配買取にかなり力を入れている業者です。

買い取ってもらいたいお酒があればまず見積からスタートですが、レッドバッカスは電話見積はもちろん、FAXやWEB経由の査定、さらにLINEを使った査定も受付しています。

LINEだと撮影したお酒の画像を即メッセージをつけて送信できるのでかなり便利です。

査定額は24時間以内に送られますし、電話査定ならすぐに査定額がわかるので急ぎの方は電話査定を利用すると便利ですね。

また金額に納得できれば現物を業者に送ることになりますが、宅配キット(段ボールや梱包材のセット)は完全無料ですし、業者への送料も無料で余計なお金を払う必要がありません。

また正式見積もりに納得できない場合は、一度送ったお酒を返却してもらえます。
その際の送料も無料なので安心してお酒の買取をお願いできます。

ただデメリットはビールや日本酒の買取ができない点。
ビールや日本酒は賞味期限の関係で買い取れないようです。

また他社も同じですが、見積の連絡忘れが発生しているようです。
十分注意してください。

大黒屋

画像引用:https://kaitori.e-daikoku.com/liquor/

良い点

・買い取り実績が多く全国展開している
・さまざまな査定方法があり隙間時間に査定がお願いできる
・お酒だけではなくブランド品も一緒に買い取ってもらえる

悪い点

・お酒専門の買取業者ではない

全国に210店舗展開している大黒屋は有名質屋で店舗が近くにある、という方も少なくないはずです。

お酒の買取も年間150万件以上と抜群の実績で、安心して買い取ってもらえるのは大きなメリットです。

ただ全国に多数ある大黒屋ですが、お酒の店頭買取ができる店舗は限られますので事前に確認してください。

また店頭買取だけではなく、宅配買取や出張買取にも対応しており忙しくて店舗まで足を運ぶことができない、店舗が遠いという方にも使いやすいのが特徴です。

査定も電話やメール、FAXはもちろん、今話題のLINE査定にも対応しており利用しやすいです。

ただお酒買取専門店ではないため、査定額がほかの業者に比べて低い可能性がある点は要注意。

HPで買取価格の目安が公開されているので、まずはこの金額をチェックしてほかの業者の査定額と比較して検討してみてください。

ライフバケーション

画像引用:https://www.lv-liquor.com/

良い点

・状態の悪いお酒も買い取りしてもらえる
・1本からでも買い取ってもらえる

悪い点

・出張買取は可能だがエリアが限られる

ライフバケーションはほかの酒買取業者とは違い、コンディションの悪いお酒であっても買い取り可能な点が嬉しいポイントです。

例えばラベルにシミがあったり汚れてはがれるなどした見た目の悪いお酒、40年以上前の古いお酒、他社で断られた安価なお酒など一般的に「これは買い取れないだろう」と思えるお酒でも買取してもらえるそうなので、あきらめる前に一度ライフバケーションに相談すると買取してもらえる可能性がアップします。

査定は他社と同じく店頭、電話、FAX、LINE、メールに対応しており、店頭買取はもちろん宅配買取にも対応可能です。

ただし出張買取は東京都や神奈川県、千葉県など関東エリアしか対応していません。

他のエリアには出張できないため、ほかの業者の使う必要があります。
ただ宅配買取は全国対応できるため、査定をお願いしてみるといいでしょう。

ネオスタ

画像引用:http://liquor-neosta.com/

良い点

・店頭査定だけではなく、電話やFAX、WEB査定に対応している
・リアルタイムで買い取り実績を公開している
・空瓶や木箱なども買い取りしてくれる

悪い点

・査定だけお願いすることはできない

首都圏を中心に64店舗を展開するネオスタは、店舗数が多いので店頭買取がしやすいというメリットがあります。

ただお店まで足を運べない方のために、電話やFAX、WEBフォームを使った査定ももちろん可能です。

写真を撮影してWEBフォームに添付し査定してもらえば「ラベルの文字が読めない」場合でもスムーズに査定してもらえるので便利です。

またHP上ではリアルタイムで買い取り実績が公開されているため、お店の実績も確認することができます。

やはり信頼第一の世界ですから、買い取り実績が多いのは安心できるポイントではないでしょうか。

ほかにも空瓶や木箱、セットグラスなどの付属品なども買い取りしてもらえるのがお店の特徴です。

悪い点は査定だけお願いできないところでしょうか。

参考のために「とりあえず査定額を聞いておく」のがOKなお店とNGなお店がありますが、こちらは後者です。

あくまでも「金額が合えば売却しよう」と売る気持ちのある方のみ査定をお願いします。

ジョイラボ

画像引用:https://joylab.jp/

良い点

・東証一部上場企業運営で安定感と安心感抜群
・売り手の費用負担がなく気軽にお酒を売却できる
・全国展開しているので店頭買取がしやすい

悪い点

・ビールや日本酒は買い取りに制限がある
・ビールはバラでは買い取らない

ジョイラボは東証一部上場グループのJOYLAB株式会社が運営しており、経営に関しては安定しています。

そのため「お酒を売ったのに代金が支払われない」という金銭トラブルが起こりにくく安心してお酒を売却できるのが魅力です。

全国展開しているので店頭買取がしやすいのも魅力があります。

お店が遠い方は宅配業者を利用してお酒の売却になりますが、その際段ボールや梱包材はお店から無料で送られますし、もちろん送料も無料。キャンセル料も一切必要ありません。

売り手に金銭的な負担が発生しないのが大きなメリットです。

ただどんなお酒でも買取できるわけではなく、ビールや日本酒は賞味期限の関係から製造から6か月以内のものしか買取していません。

またビールは1本1本バラになっているものは買い取りできず、化粧箱に入ったものなどまとまった形でないと買取不可になります。

まとめ

  • 酒買取業者を選ぶ際には、査定方法や買取方法、買い取れないお酒などを調査・比較するのが重要
  • 業者によって「価格が合えばお酒を売る」前提でなければ査定を受け付けないこともあるので要注意
  • 日本酒やビールの買取ができない業者も一定数あるので事前確認が大事
  • 空瓶や木箱、ミニチュアボトル(空もOK)、セットグラスなどの買取をしてくれる業者もある